学生と先生

早めの受験対策が大事

受験生になったら、進学塾に通う事をおすすめします。進学塾では、入試についての膨大な情報量を持っており、効率よく勉強を教えてもらうことができます。ギリギリに入塾するのではなく、早めに通い始めましょう。あちこちの体験授業を受けて子供にあったところに決めましょう。

授業

集団指導と個別指導の違い

最近は集団指導ではなく、個別指導の塾が増えています。講師一人に対し生徒が一人から三人程度で、指導日や授業内容を生徒に合わせてくれます。講師が生徒を近くで見るので、集中力が切れても声かけをしてもらえます。講師はアルバイトの学生が多く、生徒と年齢も近いので、生徒が心を開きやすいというメリットもあります。

教師

成績アップの様々な手法

生徒の学力や学年などに合わせて、最適な指導方針の教室を選ぶのが、学習塾で効率的に学ぶための基本です。成績中位の生徒にふさわしいのは補習指導のコースであり、問題の解法を十分に学びたいときに役立つのは個別指導教室です。

教室

失敗しない学び舎探し

塾を選ぶ際は、月々の授業料だけでなく、年間でトータルいくらかかるのかを調べておきましょう。場所は、子供1人で通える範囲にある所を探しましょう。子供によって集団授業と個人授業のどちらがよいかは違いますし、大きい塾と中小塾でも教え方が異なりますので、事前にリサーチしてから入会しましょう。

先生

成績が上がる場所

難関大学に合格したいと思っている人や成績を上げたい人の多くが塾を利用しています。塾には講師がいます。塾の講師は分かりやすく教えるプロなのでしっかりと成績を上げる事ができます。志望大学がある場合はその大学に合格できるようにきめ細やかに導きます。

受験対策はどこがいいか

女の子

子供の勉強で悩む方必見

中学受験や高校受験が近くなると、どこの塾に指導してもらおうかと悩む親御さんも多いでしょう。しかし、塾と言っても、学習スタイルによっていろいろなタイプがありますので、入塾する前に調べておく必要があります。複数の仲間と競争ながら勉強することができる塾を、集団指導型と呼びます。集団指導型は、さらに、多くの教室を展開している大手塾と、地域に密着した指導を行ってくれる個人塾に分けられます。また、生徒が多い集団型とは対象的に、先生1人に対し、生徒2〜3人が学習する個別指導型もあります。個別指導型は、オリジナルのカリキュラムで勉強を見てもらうことができます。そのため、学校の課題を教えてもらったり、受験が近い生徒であれば、志望校対策をしてもらったりと、その子にあった勉強を指導してもらえます。個別指導型には、個別指導塾と家庭教師の2種類があります。個別指導塾は、家庭教師と違って、進路指導の情報を持っているので、受験対策をしてもらえるというメリットがあります。このように、塾によって学習スタイルが異なりますので、塾を選ぶ際は、子供の性格を考慮して決めることが大切です。負けず嫌いで向上心がある子供であれば、周りの友達からの刺激を受けて、競争して成績を上げようとする集団指導型がおすすめです。反対に、他人の存在を意識しすぎて、周囲に人がいるとかえって勉強ができなくなるタイプの子供は、個別指導型が適しています。子供のいつもの様子などから、どのタイプが向いているのかを考えてみましょう。

Copyright© 2018 受験をするなら塾が良い|成績アップを臨むなら必読 All Rights Reserved.