集団指導と個別指導の違い

授業

個別指導のメリットなど

塾と聞くと、学校のように集団で授業を受けるイメージがあるかもしれません。しかし、最近では個別指導を行う塾も増えています。大手のフランチャイズの塾が増えているのはもちろんですが、新規に開校する個人経営の塾の中にも、個別指導のところは多いのです。集団指導と異なり、個別指導の場合は講師一人に対し生徒が一人です。塾によっては、生徒の数が三人程度のところもあるでしょう。集団指導の場合は、指導日や授業内容は学年によって決まっています。そのため、急用で行けなくなったり、授業内容についていけなくなると生徒は困ることでしょう。個別指導の場合は、指導日を好きに選ぶことができます。塾によっては、無料で振替授業を受けることも可能です。授業内容も生徒に合わせて実施されるので、ついていけないという心配もないのです。また、個別指導の塾の場合は、講師が近くで生徒を見ることになるので、勉強をせざるを得ない環境を作り出せます。集団塾の場合、ある生徒の集中力が途切れても、講師が気づくとは限りません。気づいても注意しないこともあるでしょう。しかし個別指導の場合は、講師が常に声をかけてくれる環境に生徒がおかれるため、安心なのです。また、一般的に個別指導塾の講師はアルバイトの大学生です。集団塾の場合は社会人講師である場合が多いですが、大学生ならば生徒と年齢も近く、生徒が心を開きやすいです。勉強以外にも、学校や進路のことを講師に気軽に相談できるというメリットがあるのです。

Copyright© 2018 受験をするなら塾が良い|成績アップを臨むなら必読 All Rights Reserved.